Noriko 学級との交流 新聞記事(3)

コメントを残す

舞鶴市民新聞8月4日

Noriko 学級との交流 新聞記事(2)

コメントを残す

Noriko 学級との交流 新聞記事(1)

コメントを残す

読売新聞8月1日

Noriko学級支援の募金、生徒会が市長に届け、交流

コメントを残す

コロナ禍でリシタンの日本語学校Noriko学級が、先生の訪問ができなくまた生徒も集まれないなどの困難で存続があやぶまれている。生徒会とこれまで交流を行ってきたインターアクトクラブが募金を行い、13万円余を31日市長に届ける。

その後、オンラインで現地と交流。ガニシェル校長や同年代の生徒たちと日本語で交流しました。

 

「リシタンは、ウズベキスタンの首都タシュケントから車で5時間余り、肥沃なフェルガナ盆地に位置する人口3万人ほどの地方都市で、ここにNoriko学級が建てられたのは1999年のことだ。コマツ重機から現地の自動車工場に出向していた大崎氏が私財を投じて設立し、奥さんの名前を冠したこの私塾は、以後20年にわたって無償で現地の子どもたちに日本語を教えてきた。しかし現在、社員だったガニシエル氏がすでに他界された大崎氏の遺志を継いでおられるが、全てをボランティアに頼る運営は無論のこと楽ではない。それに加えてこのコロナ禍にあって学級は存続の危機にあるという。

昨年夏、舞鶴市のウズベキスタン市民訪問団に同行させていただきNoriko学級を訪問した。その時はそこで学ぶ小学生から大学生までの3、40人ほどから日本語のスピーチや歌で歓迎を受けた。聞けば5千人以上がここで学び、日本に留学した生徒も百名を超える。商社や銀行など日本の企業で活躍する卒業生もいるという。しかしウズベキスタンが中国や韓国との経済的な結びつきを強める中、この若者たちのうち、いったい何人が将来も日本とかかわり続けてくれるのだろう。文化の交流や募金が全く無力だとは言わない。だが残念ながら個人の善意にだけに頼る国際交流には限界がある。

生徒たちにはぜひ交流の体験を通じて日本と自分の置かれた現状と課題に目を向けてほしいと思う。異国は常に我が身を映す鏡なのだ。もしかしたらそこに新しい交流のヒントがあるかもしれない。」(冊子「つなぐ」より)

昨年のブログをご参照ください。https://nisseihs.wordpress.com/2019/08/11/

マスクを釜ヶ崎支援機構へ送る

コメントを残す

西舞鶴カトリック教会の奥野さんを中心に釜ヶ崎支援機構への募金活動などを進めておられます。生徒会でも集めたマスクを特別養護老人ホームグレイスと釜ヶ崎支援機構へ届けようと、29日奥野さんに来校いただきお渡ししました。

つなぐ マナビヲトメルナ 私たちの思い 発行!

コメントを残す

臨時休業の間に何を考えていたか。生徒の声、アンケート。保護者アンケートのまとめ。学校のそれぞれの部署の取り組み。全職員の思いを載せました。60ページの日星の今です。

ご家族でご覧いただき会話の糧にしていただきたい思います。三者懇談の時にお渡しします。ご期待ください。

グレイスヴィルまいづるへマスクを届けました。

コメントを残す

生徒会の3名と担当の和久先生、窪田先生とで、マスクを届けました。全校で集めたマスク260枚を淡路施設長さんにお渡ししました。その後、施設の生活のお話を伺いました。

レスリング部加賀本君語る

コメントを残す

京都新聞7月21日号より

マスク集まりました。

コメントを残す

グレイス舞鶴さんの高齢者の方に。合わせて大阪釜ヶ崎のホームレス支援の会に届けます。ご協力ありがとうございました。

1年特進、探究学習 市会議員さんも参加

コメントを残す

特進コース1年生の総合的な探究の時間

今日は舞鶴市議会議員さん5名をお迎えしワークショップを開催

テーマはエネルギーを通して考える日本の社会未来像

1 グループは「ものづくり総括拠点社会」2グループは、「サービスブランド社会」3グループは「資源自立社会」

ファシリテーターは、松本風子先生

3つのグループに分かれてそれぞれのテーマのもとに話し合いをし模造紙にまとめました。

ワールドカフェ方式での発表会。他ののグループに質問に行きメンバーと討論をしました。

その後参加いただいた市会議員さんから講評をいただきました。またその後議員の方から議員間協議会のミニチュア版を寸劇風にやっていただきました。

テーマは「未来エネルギーを含む経済発展社会」

多様なものの見方を知る機会であり、自分たちで考えつかないようなセッションをいただいたと感想を述べる生徒もいました。

 また参加いただいた市会議員さんからも「若い人たちがどのような考え方をしているのかを知る機会になった。」

また参観に来られた舞鶴市引き揚げ記念館の3名の方も

「高校生になるとこんなに凄い所ができるんですね」と感心して帰られました。

こうした取り組みを積み重ねて自分たちの考え方を持ち、次には自分のテーマを決めていくマイプロジェクトの学習になっています。

Older Entries