レスリング全国大会新聞掲載

コメントを残す

放送部動画班、アロマ石けんを作りました。(感染症予防対策と文化祭へ向けて)

コメントを残す

新型コロナウイルス対策へ向けて放送部でも何か出来ることはないかと考え、厚生労働省から出ている指針の中で「こまめに手を洗う」ということが学校の中で最近あまりできてないのじゃないかと考え、もうすぐ文化祭ということもあり、「アロマ石けんを作って、販売し、みんなで手洗いをしてもらおう」と考えました。もちろん、新型コロナウィルス対策というだけでなく、歴史的にみても、室町時代に日本に来たポルトガルの宣教師が織田信長に石鹸を献上したと言われており、日本のキリスト教と石けんとは深い関係があるようでしたので、放送部動画班としては、キリスト教に関係があり、感染症予防対策にもなり、みんなによく手を洗ってもらうきっかけにもなると思い今回はアロマ石けんを作ることにしました。
石けんの作り方には色々ありますが、今回はハンドソープやボディソープにゼラチンを混ぜて固めるだけというシンプルなものに、様々な材料を混ぜてアロマっぽくしてみることにしました。
アロマとして使えるかもしれないと思ったものを匂いの材料として入れてみましたが、材料によっては固まりにくかったり、ゼラチンやボディソープと反応して不思議な匂いになったりと、調理実習のようであり、化学実験のようなものでもあり、部員達は普段のお菓子作りとはまた違った感じが新鮮でとても楽しそうにしていました。
混ぜ終わったものを冷蔵庫に入れて冷やしてみて様子を見ましたが、匂いのするもの、しないもの、ぷるぷる触感のものや、しっとりなめらかなものなど色々なものができ上がりました。材料費や作る手間などを検討し、これらの中から、いくつかをセットにして文化祭で販売する予定ですので、ぜひ「学校や家庭での手洗い」に使ってみてください。


(左からカモミール&ペパーミントティー・コーヒー・ジャスミンティー・花の香水・ココナッツミルクの石けんが出来上がりました。)(※石けんをのせたお皿はこのあと食器用洗剤でよく洗いました)

休日の部活動についての記事

コメントを残す

秋の大会 無観客で開催 成美に敗れる。

コメントを残す

競り合ったいい試合で、8回は得点入れられたものの。

最終回、ノーアウト1、2塁から2アウト満塁、まで頑張っていました。

成美高校と対等に戦えるチームです。

神崎らっきょうプロジェクト

コメントを残す

らっきょうプロジェクト

放送部動画班、塩パンとラッシーを作りました

コメントを残す

キリスト教にとってパンは非常に重要な意味をもつものとして存在しており、カトリックであれば聖書の罪を意味する種(ここではイースト菌)を使わない種なしパンが重要なアイテムとして出てきます。
今回は、夏休みですが、コロナ禍の影響でどこにも出かけることができない状況で、放送部として何が出来るのか、何を発信するべきかを考え、おうち時間を有効に出来るであろう「塩パン」作りと乳酸菌飲料のラッシーを手作りしました。(塩パンは今回はお手軽にするためにドライイーストを使用しました)。

この時期なので、ソーシャルディスタンスを守りながら作業をしましたが、塩パンは材料を混ぜて焼くだけというとても簡単なレシピで、気楽な感じで粉を混ぜて練っていきましたが、この練るという作業が思っていた以上に大変で、コツを掴むまでは「こんな大変とは思ってなかった」「ずっと粉っぽい」終わりの見えない作業いう感じでしたが、コツをつかんでからは作業がスムーズに進みました。練ったあとは寝かせて、成形して焼くだけという簡単な作業でした。


焼きたての塩パンは、最初の大変な練り作業も忘れてしまうほどの美味しさがありました。塩パン自体ももっちもちで、すごく美味しかったのですが、せっかくなのでレタスやハムなどを挟んでサンドイッチにもしましたが、これも美味しく、「家でもやってみたい」「店で買うものより素朴でこれはこれで美味しい」と夏休みのおうち時間にはぴったりのパン作りでした。また手作りしたラッシーも材料を混ぜて冷やすだけの飲み物でしたが、この暑い時期に塩パンと一緒に飲むにはとても良く、塩パンとともに作ってみたいと部員達は口々に言っていましたので、おうち時間に塩パン&ラッシーを作ってみるのは如何でしょうか?

クラブSDGs ボランティア部と舞鶴市のmeemoの取り組み

コメントを残す

舞鶴市の取り組みについてはこちら

https://www.city.maizuru.kyoto.jp/shisei/0000005747.html

部活がんばっています。

コメントを残す

1 バドミントン部

6日に行われました近畿高等学校バドミントン選手権両丹予選会1日目において

男子ダブルス  今井碧(2−5)石橋剣登(2−3)ペア が「準優勝」という素晴らしい結果を残しました。快挙です。

2 手話部

部長の3年5組福井姫花さん。全国手話スピーチコンテストに応募し一次審査を突破し、最終審査に進みました。 今年度は、コロナの関係で2次予選がなかったことや、最終審査も東京会場に行くことなくスピーチ映像による審査となるなど、例年とは違う形での大会ですが、頑張ります。応援よろしくお願いします。

3 チアリーディング部

ここ数年参加しております全国大会の代替大会である2020 USA Cheerleading&Dance Virtual Team Contest(動画でダンス動画を送り、審査してもらう大会です)の動画撮影を行いました。講堂で演技、先生たちも舞台上から観覧。応援の拍手を送りました。

戦後75年 史実を若者が継承する「引揚記念館」にて

コメントを残す

本校2年の眞下葵さんが、語り部の会の一員として、レスリング部の池田君、川井君が府立鴨沂高校との交流に参加しました。レスリングは、ウズベキスタンのホストタウンの種目として柔道とレスリングとなっています。コロナがなければ今頃、舞鶴でオリンピックへ出場選手が事前合宿を行っている計画でした。

こうした交流をとおして若者が史実をしり我がこととして未来を考えていけるといいですね。

ご家族お誘いの上、ご参加ください。

Noriko 学級との交流 新聞記事(2)

コメントを残す

舞鶴市民新聞8月4日号

Older Entries