放送部主催『第1回放課後読書会』を行いました

コメントを残す

本離れと言われている昨今ですが、静かなブームとなっている読書会をテスト前の水曜日に実施しました。

新書、文庫、文学書、小説、ライトノベル、二次書籍などを参加者で持ち寄りクジとして割り振り、クジを引いて当たった本を一定時間読み、その後はみんなで感想を言って楽しく過ごすということを行いました。
全員が1人あたり、約2時間で6冊から10冊読みましたが、読んだことのない分野や普段読まないような本を読むことで、見聞を広げることになったり、知らない世界を知ったり、動画作成の脚本作りの参考になったり、新しい発見が沢山あり、その後の感想時間も、最初は興味なかったけど結構面白い本だったとか、読んでいるとなんか不思議な感覚になったとか、すごく疲れたとか、感想は色々でしたが参加者全員がとても有意義な時間を過ごすことができ、とても楽しかったから、また次回もやりたいと言う意見が多かった第1回読書会でした。


(この放送部主催読書会は不定期開催ですが次回は6月に実施する予定です)

日星高校創立90周年記念行事 感謝

コメントを残す

90周年記念式典のまとめ

クリックしてみてください。

日星高等学校創立90周年記念行事の様子です。

皆様のおかげで90周年が、また記念行事も開催することが出来ました。

創立90周年記念行事を開催しました。

コメントを残す

放送部動画班、ミルフィーユを作りました

コメントを残す

フランスの皇帝ナポレオンがすきだったと噂されたこともあるミルフィーユ、ナポレオンは聖書ととても関わりがあり、偉人の言葉としても残っているほどです。ナポレオンの帽子に似ているということから、ミルフィーユがナポレオンパイと呼ばれることもあります。フランス文化を調べているうちにミルフィーユに結びつきが出てきましたので、今回はミルフィーユを作りました。

ミルフィーユはフランスでは「千枚の葉」という意味をもち、生地を重ねて作るものでしたが、今回はパイシートを使い簡単レシピで、焼いたパイシートにホイップクリームやフルーツを挟んだり重ねたりするだけのもので、失敗することの無いものだったので、フルーツやホイップ、チョコなどを色々のせて楽しく沢山作ることができました。

ミルフィーユは重ねて作るお菓子ということで、人生にたとえて送別会や新たな門出としてのお祝いとして贈られることもあるようです。4月からの新しいスタートに向けて作ってみるのは如何でしょうか?

(放送部では祈り班・動画班含めスタッフを募集しています。興味のある方は放送部員または放送部顧問までお問い合わせください)

放送部動画班、ドローン撮影へ向けて練習頑張っています

コメントを残す

放送部では来年度にNHK杯放送コンテストへ出場すべく、昨年度より練習しているドローンの本格的な練習をはじめました。

NHK杯放送コンテストでは各高校が動画を企画撮影編集し作品を応募するという形で近年ではドローンを使った撮影を行っている高校も増えてきており、日星高校放送部も来年度こそ作品を出そうということで、ドローンの操縦から頑張っています。

(下記リンクはドローンを飛ばした様子の動画です)

https://drive.google.com/file/d/16guM2yvEMa8ouVNWl7S2ZSDLDSAa-im8/view?usp=sharing

https://drive.google.com/file/d/1PND3uquarUhSF2iahaW6iFZP-g3I8ik6/view?usp=sharing

放送部動画班は動画撮影を中心に活動を行っています。これからもドローンだけではなく様々な撮影を行っていく予定ですのでお楽しみに。

なお、動画撮影に関わるスタッフ、キャスト、企画等募集中ですので、興味のある方は放送部員までご連絡下さい。

放送部動画班、ティラミスを作りました

コメントを残す

数年前よりティラミスがスイーツの定番となってきていますが、クリスマスのような特別な日にティラミスを食べるのがティラミスの本来の食べる意味としてあるようです。ティラミスは「Tira・mi・su」と分けることができ、意味としては「私を元気づけて」という意味があります。

今回、放送部動画班では、クリスマスによく食べられているお菓子とキリスト教の関連を調べる中で、教皇フランシスコが貧しい人々と昼食会をされた時に振る舞われたお菓子であり、年末に向けてクリスマスや大掃除などを元気に乗り切るための意味をこめて、ティラミスを作ってみました。簡単レシピを参考として作ってみましたが、材料を混ぜて、重ねていくだけのものでしたので、クリスマス前の忙しい時には最適の手間のかからないもので、とても簡単で、とても美味しく作ることができました。

ティラミスはイタリアのトスカーナ地方のティラミスそっくりのお菓子が原型と言われており、北イタリアのヴェネト地方が発祥と言われています。

世界キリスト教情報の中でもティラミスが出てきております(下記参照)

今週末からクリスマスとなります。クリスマスを祝うデザートの一つとして、今年は一つ手作りスイーツでもいかがでしょうか?

(放送部では祈り班・動画班含めスタッフを募集しています。興味のある方は放送部員または放送部顧問までお問い合わせください)


【CJC】教皇フランシスコは2018年11月18日、カトリック教会が定めた「貧しい人のための世界祈願日」のミサをバチカン(ローマ教皇庁)のサンピエトロ大聖堂で行ったあと、パウロ6世ホールで開かれた昼食会に出席、ローマ教区やカトリック系組織などで支援を受けているおよそ1500人やボランティアの人たちと一緒に食卓を囲んだ。
『バチカン・ニュース』によると、この昼食会は、企業やカトリック団体など、様々な組織が協力して実現した。ラザーニャ、チキンのマッシュポテト添え、ティラミスからなるメニューを、ローマの小教区(各個教会)のボランティア70人が給仕した。
また昼食を楽しく和やかにするために、会場では、ポンペイの聖母巡礼聖堂の若者たちからなるブラスバンドの演奏が行われた。
昼食会に参加した教皇は、すべての関係者に感謝し、皆に神の祝福を祈った。
バチカンでの昼食会と同時に、ローマをはじめ、イタリア各地の教区で、同様の昼食会が催された。

放送部動画班、チョコレートマフィンを作りました

コメントを残す

最近日本でもハロウィンというイベントが定着しつつありますが、元々ハロウィンのはイギリスが発祥であると言われており、イギリスでは子ども達が「トリック・オア・トリート」をしに近所をまわったり、水を張ったタライにリンゴを入れて手を使わずにとる遊び「アップル・ボビング」や自家製のイングリッシュマフィン「ソウルケーキ」を作ったりして死者との結びつきを連想させるオーソドックスなものが伝統的に行われています。

そこで今回はソウルケーキの代わりとして、簡単に作れるアメリカンマフィン(チョコレートマフィン)を作ってみました。ホットケーキミックスを使ったので、ほとんど失敗もなく、とても美味しく作ることができました。

キリスト教では11月1日を諸聖人の日『万聖節』とし、ハロウィンはその前夜である10月31日に行われるお祭りです。カトリック教会では諸聖人の祝日は祭日としているが、10月31日のハロウィンは祭日ではなく典礼暦(教会暦)にも入っておらず、教会の宗教行事・公式行事として行われることはありません。
ハロウィンの起源はキリスト教ではなく、イギリスやアイルランドに起源をもつケルト人のお祭りで、古代ケルト民族にとって10月31日は1年の終りを表し、この夜は死者の霊が家族を訪ねてくると信じられていたために、この時期に出てくるとされる邪悪な精霊や魔女から身を守るために仮面を被り、魔除けの焚き火を焚いていたことがハロウィンの始まりといわれています。

キリスト教と関係がありそうで、調べてみると全然関係なかったハロウィンについて面白い歴史を知ることができて、興味深く美味しいお菓子も作ることができました。ハロウィンは過ぎましたがクリスマスまでの食欲の秋にマフィンでも作ってみるのは如何でしょうか。

(放送部では祈り班・動画班含めスタッフを募集しています。興味のある方は放送部員または放送部顧問までお問い合わせください)。

Older Entries