2年生アドバンス、総合的な探究の時間「日星ゼミ」今学期分終了。

コメントを残す

次年度の総合的な探究の時間の柱の位置づけとなっている日星ゼミを実験的に10月から始めてみた2年生アドバンスクラスですが、いよいよ最終回となりました。

A:「不思議パズルで遊ぼう!不思議パズルを作ろう!」、B:「Beauty&Freedom 自然界の形を科学する」、C:「SDGs達成のキー 4番目のゴール「教育」を当事者として考えよう」、D:「読書会講座」の4つの講座を開講し、生徒が受けたい講座を受けました。

生徒の感想では、「日星ゼミをやってみてよかった」という意見がとても多く、各講座の内容に関する感想ではA:「積み木や紙を使って図形を作ったので、仕組みがよくわかり、普段授業ではしないことが細かく知れてよかった」B:「普段当たり前に目にしている六角形や螺旋型など、この講座がなかったら特に深く考えたりしないので知れてよかった」「自然界の形と数式は関連しているように思えた」「普段授業では学べないようなことが学べてよかった」「不思議に思うことがあり面白かった」C:「これからの日本の教育がどうなるかがよく分かりました」「日本では当たり前のことが外国では違ったり、文化も違うし、SDGsの事についてより深く知ることができたのが良かった」D:「様々な本に触れられた」「心が豊かになった」「時間がもう少しほしかった」などがあり、どの講座も生徒にとってとても良い機会となり、次年度本格実施に向けても良い取り組みとなりました。

1年生進路学習で京都へ

コメントを残す

京都アスニーで、色んな専門学校の先生から仕事のお話を聞きました。

午後は、龍谷大学の文化祭に参加?してきました。

看護実習認定式 新聞記事

コメントを残す

11月1日 舞鶴市民新聞に掲載

2年生アドバンス、総合的な探究の時間「日星ゼミ」実験的に始動。

コメントを残す

現在、日星高校未来プロジェクトチームでは、「日星ゼミ」を総合的な探究の時間の柱と位置づけ、 準備を進めています。そこで、2学期の終了までですが2年生アドバンスクラスで日星ゼミを実験的に始めてみました。

今回は、A:「不思議パズルで遊ぼう!不思議パズルを作ろう!」、B:「Beauty&Freedom 自然界の形を科学する」、C:「SDGs達成のキー 4番目のゴール「教育」を当事者として考えよう」、D:「読書会講座」の4つの講座を開講し、生徒が受けたい講座を受けます。

Aでは木のパズル・不思議パズル・正20面体作りなど
Bではミツバチの巣や雪の結晶など自然界の6角形・フィボナッチ数列と黄金比・巻き貝はなぜ螺旋形かなど
Cでは世界の教育事情・教育の必要性・学びのスタイル・SDGSのゴール4を達成するために私たちが出来ることなど
Dでは読書会を通じて「持ってきた本を読んでみたいと思わせるような伝える力」と「読んだ本の要約と感想を言うというまとめる力とプレゼン力」と「次回もっと上手く伝えるには、次回にみんなが共感する本とは?」といった3つの事柄からなる探求的な力の育成などを漫画と小説から学ぶ
といった内容で毎週火曜に行っていきますが、今回は初回ということで、どの講座も、講座説明なども含みつつ実施していましたが、生徒達は新しい取り組みに少し戸惑いながらも、期待に胸を弾ませるような楽しそうな雰囲気がありました。

 

 

赤ちゃんだっこ。から命のいとおしさへ

コメントを残す

「ぼくもこんなに大切にされて生まれてきたんだと言うことがわかった」

学生と親子とのふれあい交流授業
開催要項
1.趣旨
(生徒にとって)
・これから親に世代が、子供に対する愛着や生命の尊さを感じ、将来結婚し子供を生み育てたいと思える機
会とする。
・自分・人・
命を大切にすること 、子供をもつことの責任を学ぶ機会とする 。
(子育て中の親にとって)
・子育ての実体験を活かし、次世代育成に貢献するやりがいや、学生たちとの交流から、長期的な視点で子
育てに関わることの大切さを感じる機会とする。
「聖書」の授業で「生命」について考える機会を 毎年 持って いるが 2018 年 度より実施しています 。
2.内容
○産後の母体回復の大切さなどをテーマにし、実際のお母さんや助産師をパネラーに学生とも対応しながら、
ディスカッションを行う。お手伝いとして子育て経験者の 男性 先生に依頼。

2年生普通科、大学見学へ(校外学習)

コメントを残す

10月25日、2年生普通科の生徒は、京都産業大学と京都造形芸術大学へ大学見学へ行きました。

京都産業大学では、大学の説明を受けたあと、昨年度卒業し、この大学へ進学した宮田君の大学生になってからの色々な話しと、数人グループに分かれての大学案内を受けて、学食でご飯を食べました。

午後から京都造形芸術大学でも大学の説明を受けたあと、数人グループに分かれて大学案内をしてもらいました。

振り返りでは、「その学校ならではの良さを沢山知れてよかった」「大学によって通っている人の雰囲気も全然違ったのでビックリした」「自分の行きたい大学をしっかりを決めていきたい」「オープンキャンパスに参加して、大学のことをしっかり知ってから進路実現をしたいと思いました」など、進路へ向けたしっかりとした振り返りが多くありました。

看護2年 実習認定式前の授業感想

コメントを残す

授業を受けての感想

• とてもいい話が聞けたと思います。特に先輩方の話は重みや説得力があり、とてもためになるお話で良い時間であったと思います。
• 不安でいっぱいになった。
• やる気が湧きました。でも、不安にもなりました。うまくいかないこともあると思うけど自分にできることを頑張っていきたいと思いました。
• 新任で受け持たさせてもらう患者さんががんでもう死が目の前にある中で自分だったらどのような対応ができるかわからないと思いました。その立場に立って見ないと感じ取ることのできないことがあるんだろうと。 相手の立場になって考えることはとても難しいことだなと思いました。
• 自分のできる事は、とても小さな事だけど、それが誰かの為になっている事だってあるのだなと感じました。正直、死は当たり前だけど、怖い部分があります。でも、その人が最後幸せになって、その幸せのお手伝いができればいいなって思いました。
• 色んな先生や先輩の話を聞いて頑張ろうと思いました。
• 期待と不安が同時によぎりました。怖いけど頑張るしかないので頑張ります。
• 私は仲本さんみたいに少しでも患者さんの不安などが減るようになにかをできる看護師になりたいと思いました。
• どうしたら患者さんにうまく伝えれるとかまだまだなところがあったからそういうとこをもっとかんがえていきたい
• まだ経験したことのない現場で、自分ならどう行動するか。自分ならどう考えるか。自分なりの看護を作り上げて患者様に寄り添っていきたいなと思いました。
• 患者さんに寄り添う看護ができたらいいなと思いました
• とても感動するはなしでした。 自分がどんな看護師になりたいか考えることができました
• 感動した。国家資格をとれて看護師として働くことになってもずっと勉強し続けて、自分がなりたかった看護師になれるよう頑張ろうと思えた授業でした。
• 正解がわからなくなりそうです でも患者さんが少しでも楽になるように全力が出せるように将来頑張りたいです
• とても良い授業でした。とてもタメになる本でもっといろんな本を探してみたいなと感じました。また今の自分を励ましてくれる本であり、とても良かったです。
• 看護師さんがどのような感じかを知ることもできたし、これからも頑張ろうと思うことができたのでよかったと思いました。みんなと協力していこうと思いました。
• みんなに対して必要なことを的確に言ってくださって良かったです。

 

Older Entries