1年生、素敵な贈り物 「言葉の花束」を行いました

コメントを残す

先週のホームルームで総合コースと看護科の1年生では、ホームルームのコミュニケーションワークの集大成として、クラス全員にメッセージを書いておくる「言葉の花束」を行いました。

一般的に「言葉の花束」や「別れの花束」と呼ばれるワークで、クラスの1人1人に向けて感謝の言葉を書いて贈り、みんながみんなに感謝して1年間のお礼をしましょうというものです。

今年の1年生はメッセージを短冊のカードにして、終業式に贈る予定にしており、今回はメッセージを書くということを行いました。

教室がとても和やかな雰囲気に包まれ、終業式がとても楽しみになりました

探求学習における看護情報発表会が行われました

コメントを残す

2018年度の看護科1年生による看護情報発表会が看護情報の授業の中で行われました。(11月と12月で4回実施)

今年度も看護や医療に関することで自分達が気になることを、問いをつくるスパイラルという方式で自ら考えながら探求していき、最終的に出てきた問いをテーマとして、発表を行いました。(※参考文献:『問いをつくるスパイラル』(日本図書館協会図書館利用教育委員会図書館利用教育ハンドブック学校図書館(高等学校)版作業部会編著))

与えられたテーマではなく、自らが考え出したテーマであるため、自分が気になることを調べまとめるということで、普通の授業でよくあるような「やらされている」という感覚とは違うために少し戸惑いもありましたが、自分の興味のあることを発表日程までの準備を自ら調整しながら、頑張っていました。

発表テーマは「乳がん」・「無痛分娩」・「高齢出産」・などといった女性ならではのものから、「感染管理認定看護師」・「助産師」・「小児科」といった職業に関するもの、「アレルギー」・「花粉症」・「日焼け」・「睡魔と薬」といった身近なものや、「がん」・「弁膜症」・「脊髄損傷」・「透析治療」など病気や治療に関するもの、他には、「トリアージ」・「救急医療」・「震災時対応」「妊婦搬送受け入れ」など少し気になるようなテーマを発表してくれた生徒もいました。

生徒の感想では、「すごく大変でした。でも、気になることだったので調べていてとてもためになりました」「身近な人の病気のことを調べられてよかった」など、自らの問いを探求し、テーマとすること、また、人の発表を聞くことで実際に看護師になったときに今回の発表での情報が役立つときが少なからずあることでしょう。

28日は看護科実習認定式

コメントを残す

看護科2年生が、実習に行くに当たり、あらためて決意を新たにする目的で、実習認定式を行っています。

今日はリハーサル。背筋を凛と伸ばして式練習に臨んでいる生徒たちです。当日はオープンスクールです。

中学生の皆さん、保護者の皆様どうぞお越しください。

看護留学を目指して

コメントを残す

ピュアカナダ小谷さんから提案いただいた看護留学についての説明会を開催。

「とびたてJapan」の制度を活用して、夏休み1ヶ月のカナダ留学への挑戦です。

今年の夏も、看護科2年生が2名、カナダで看護英語と現地の病院などを体験してきました。

看護科1年で小谷順士さん講演 記事

コメントを残す

小谷さんは、大学卒業後、ドッグフードの会社に勤めておられましたが、一念発起して、カナダ専門の旅行会社を設立。日星高校の特進コースのカナダ留学のお世話を約10年間お世話になっております。

そのようなご縁で、新聞記事にあるような「ユウキ」のお話から始まり、看護師さんとの出会いでみんなはげまされたというお話を聞きました。

そこで、最初は、水嶋が担当していた看護科4年生の人間関係論の授業への出演から始まり、その後を中野科長が引き継いでくださり、今年は、1年生に「心の栄養を!」と続いています。小谷さんのエネルギーをいただいています。

 

コメントを残す

校長講話感想(6)

コメントを残す

2年看護科生の感想から

「しっかり勉強に向き合う」
・看護の勉強はもちろん、看護だけではなく普通教科もできるだけ頑張ろうと思った。
・テストも近いし、みんなで頑張りたいです。”
・私がしなければならないことは、しっかり時間を決め、それにそって自主勉強をする事だと思います。これから、勉強が難しくなるけど毎日、復習をしてテストの時焦らないように頑張りたいと思います。
・お話を聞いて、これからの日々自覚を持って生活していきたいと思います。
・自覚を持つのは難しいことですが頑張ります。
・3年生の看護科のお話を聞いて、これからもっと授業に積極的に、かつ集中して受けたいと思いました。家庭での学習も、予習復習をしっかりしたいと思います。
「みんなで教え合う・・・3年生に倣って」
・3年生の看護科の話を聞いて真剣に勉強を頑張ろうと思いました。グループ学習ではしっかり教えあって行こうと思いました。
・国家試験合格を目標にもっと勉強を頑張って、まずは認定式に出られるように技術チェックをクリアしていきたいとおもった

続き

Older Entries