2年生アドバンス、SDGsによる探究学習ビブリオバトル始動

コメントを残す

2年生総合コースアドバンスの総合学習では1学期SDGsに即した探究学習によるビブリオバトル(知的書評合戦)を行うことになりました。

※「SDGs(エスディージーズ)」とは、「Sustainable Development Goals(持続可能な開発目標)」の略称であり、2015年9月に国連で開かれたサミットの中で世界のリーダーによって決められた、国際社会共通の目標です。

※ビブリオバトル(知的書評合戦)とは、おすすめの本を持ち寄って、魅力を一人ずつスピーチし、全員で一番読みたくなった本に投票し、多数決でチャンプ本を決定するゲームのことです。

今年度、日星高校ではこのSDGsの推進に力を入れており、2年生総合コースアドバンスではこれに加えて、探究学習ビブリオバトルを行うことにしました。

SDGsの“2030年までに達成すべき17の目標”をテーマとして、グループごとに分野ごとに担当を決め、それに関する自分が興味ある本を見つけていくことを今回行いましたが、テーマが考えさせられるものばかりであること、また、分野に関する文献がどう関わっているのかを考えながらの本探しがとても大変で、本のタイトルだけで探してみても、実際に中身を読んでみると内容が少し思っていたのとは違ったりと、思った以上に大変だと生徒達は口々に言っていました。ただ、この取り組みが3年生での面接や受験対策になっていることを考えると少しでも、前向きにやっておいた方がいいとも言っていました。

 

 

タブレットの活用実践 

コメントを残す

MetaMoJi ClassRoomを使って、タブレットの特性を
最大限に生かした授業をおこなっている学校の最新事例を
ご紹介します。【MetaMoJi教育ニュース 3月号】
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【活用レポート紹介】日星高等学校
タブレット活用で「対話的な学びの時間」を創出
https://ict-enews.net/2019/02/metamoji-8/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日星高等学校では、MetaMoJi ClassRoomで授業で使うノートを
教師が作成し生徒に配信し活用することで、生徒が板書をする
時間が大幅に少なくなりました。
その創出された時間を使って、グループワークを行い、テーマに
沿って調べたことをMetaMoJi ClassRoomを使って
1枚のポスターにまとめ、深い学びへとつなげています。

▼ICT教育ニュース:日星高等学校
https://ict-enews.net/2019/02/metamoji-8/

1年生、素敵な贈り物 「言葉の花束」を行いました

コメントを残す

先週のホームルームで総合コースと看護科の1年生では、ホームルームのコミュニケーションワークの集大成として、クラス全員にメッセージを書いておくる「言葉の花束」を行いました。

一般的に「言葉の花束」や「別れの花束」と呼ばれるワークで、クラスの1人1人に向けて感謝の言葉を書いて贈り、みんながみんなに感謝して1年間のお礼をしましょうというものです。

今年の1年生はメッセージを短冊のカードにして、終業式に贈る予定にしており、今回はメッセージを書くということを行いました。

教室がとても和やかな雰囲気に包まれ、終業式がとても楽しみになりました

総合コース1年生、放課後英会話学習頑張っています

コメントを残す

総合コース1年生は、3学期より次年度留学を希望している生徒や、保育士希望で進学を目指して保育に関する検定(保育英語検定)取得のための7時間目放課後英会話講座が行われており、将来世界で活躍をするために、またバイリンガル保育士となるために、一歩先を目指して頑張っています。

普通コースアドバンス、冬期講座がんばっています

コメントを残す

1,2年生の普通コースアドバンスクラスでは、受験に向けて冬期課外講座が行われており、1年生は12人、2年生は2人がこの冬の間の基礎学力向上や受験に向けての勉強に真剣に取り組んでいます。

カナダ短期留学出発

1件のコメント

1年生普通科14名(総合コース3名、特進コース11名)がいよいよカナダへ向けて出発しました。

保護者方々や先生方の沢山の見送りの方へ、代表生徒の挨拶などを行い、緊張や不安もありますが、それにもまして期待に胸が高鳴る思いの中、カナダへ出発しました。

教育ドローン「AirBlock」を3年生選択情報の授業で活用!

コメントを残す

現在総合コース3年生の選択情報の授業ではMoonBlockと呼ばれる子ども向きプログラミング言語を使うってプログラミングでゲーム作りをやっております。その延長として、今回はプログラミングが学べる教育用知育ドローンの「AirBlock」をみんなで飛ばしてみました。

実際にプログラミングをしながら、本格的にドローンを飛ばすのは次回として、今回は、ドローンの操作に慣れてもらうために、タブレットPCに操作用アプリをいれて、離陸着陸、上昇下降、旋回、宙返りを練習してみました。

最初は上昇するだけでも一苦労で、ちょっとバランスをくずすと思ってもいない方向に急上昇したり、急降下したりと大変でしたが、ちょっと練習すると、空中で飛行しながら停止するホバリングもできるようになり、的に向かっていって、折り返して戻ってきたりなど、結構自由に飛ばすことができ、みんなとても楽しかったとの感想を口々に言っており、次回のプログラミングでのドローン飛行も期待できそうな感じでした。

Older Entries