舞鶴の干しなまこ

コメントをどうぞ

【特集】「ナマコ」のブランド化へ、定年直前の市職員が描く夢 舞鶴の“干しナマコ料理”(レポート 瀬野寛子先生)

ジョブシャドウィングでお世話になった舞鶴市役所の水産課の職員の方の特集が、1月30日MBSの放送そしてネットニュースで大きく取り上げられておりました。https://www.mbs.jp/voice/special/archive/20190130/
ナマコのブランド化そのもののニュースはほかのメディアでも取り上げられており、ぜひみなさんも記事を読んで地域の産業、そこで活動する皆さんの姿からいろいろ学んでください。

日星高校では毎年、夏に特進コースの2年生が舞鶴市役所での職場体験をジョブシャドウィングという形態で舞鶴市役所にお世話になっております。この体験を通して、センター入試廃止後に問われる学力、生きる力をつけ、さまざまな課題を自分事としてとらえる力をつける機会をいただいております。
2年前のジョブシャドウィングで水産課の職員の方にお世話になった卒業生は、このニュースを知って
「すごいですね。舞鶴が活気づくことを祈ります。」と遠方よりメッセージをくれました。

ジョブシャドウィングについては、振り返りがとても大切であること、事前と事後の学習を通してその体験が卒業後にも生かされるものであります。が、もちろん、どんな勉強もそうであるように、学んだことが役立つかどうか、それが何のためになるのか、ではなく、学んだこと、体験したことを生かす生き方をするかどうかであること。そこで、今年度の3年生はこのジョブシャドウィングを就労体験の一つの形態にとどまらず、自分たちが地域とつながり、人とつながることも体験できる教育資源であるととらえなおし、社会の在り方や個人の生き方といったことも考えながら、ジョブシャドウィングの価値や意味を問い直しました。このまとめは*コンテストに応募して奨励賞を受賞しました。
*田舎力甲子園。舞鶴市も含む京都北部4市2町と包括的連携協力に関する協定を締結した福知山公立大学主催。

教会でクリスマスコンサート

コメントをどうぞ

25日のクリスマスミサのあと、ホールで茶話会。そこで吹奏楽部が素敵なコンサートをしてくれました。7名のため、日頃指導をしていただいている花崎さん(ホルン)、西山さん(クラリネット)、余傳さん(チューバ)、松島さん(フルート)にも応援いただきました。

広報まいづるに吉本さん

コメントをどうぞ

私たちのまちへの思いに参加しました。

まいてフェスタに吹奏楽・チア出演

コメントをどうぞ

舞鶴環境フェスタに竹林君発表

コメントをどうぞ

14日、赤れんが5号棟で行われた環境フェスタは約2500人の来客があり、環境と向き合う貴重なひと時になりました。昨年もボランティア部のみなさんにお手伝いしていただき、今年も竹林君1人ではありますが、たいへん助かりました。10年ほど毎年、秋の環境イベントでは京都府温暖化防止推進員として参加しておりますが、初めて特進コースの生徒と一緒に参加出来て、たいへん嬉しかったです。
これからも「地域とつながる」「人とつながる」日星環境地域研究会、細く永く自主勉強会を続けます。(瀬野寛子先生より)

全国藩校サミット

コメントをどうぞ

舞鶴ゆかりの明倫館は江戸時代末期の藩校でした。全国の当主や藩校が集まり交流するサミット

徳川第18代当主 田辺藩牧野家第16代当主

徳川恒孝氏と  牧野行成氏と

新聞は10月12日市民新聞より

高校生による地域CM動画が完成しました

コメントをどうぞ

京都府の中間広域振興局のプロジェクトである高校生ミライカレッジに参加した生徒作成による地域CMが完成しました。本校から看護科2年生の川村さんと瀬戸さんが参加活躍してくれました。

高校生ミライカレッジは、中丹地域の高校生が地域の企業や大学と連携して地域CMを制作することで、ふるさとの魅力や良さに気づくとともに、情報発信する事業です。
http://www.pref.kyoto.jp/chutan/news/h29miraicollege.html

Older Entries