「田舎力甲子園」田中舞奈さん 授賞式

コメントを残す

「田舎力甲子園2019 祝!奨励賞受賞」
特進コース3年生田中舞奈さんが、福知山公立大学が毎年開催している「田舎力甲子園」の2019年度の奨励賞を受賞しました。日星高校特進コースの生徒は3年連続の受賞となります。
「田舎力甲子園」は『ニッポンの田舎を元気にする』という趣旨のもと、全国の高校生から地域活性化策のアイデアを募集して、内容を競うコンテストです。

今年度は個人133+グループ189 = 計322策の応募から表彰23策と、昨年の5倍以上の応募、そして受賞策はいずれも「人とのつながり」を強く感じるものが多かったです。もちろん、田中さんのアイデアも。田中さんの応募策のタイトルは「高校生がまちづくりの先駆者に~アクティブな若者の力でまちを元気に~」。

8月12日の夏休み中のFMまいづるの番組に出演し、応募のきっかけとなったカナダ留学の経験や思いを語っていました。高校1年時の2週間の語学研修、2年生時の「トビタテ留学 JAPAN」という文部科学省主催の留学生の為の難関試験、書類選考の際に出した活動計画をもとに半年の留学。カナダで地元の人達、そして世界各国から留学している学生たちと交流し、多様な文化や価値観を持つ多文化主義の社会で過ごした経験。

さまざまなメディアの特色やツールをどう生かすか、カナダで学んだメディアリテラシーのこと、実際に体験した自身の思い。番組を通して田中さん自身の未来への思いが発信されました。

特進コース「環境講座」

コメントを残す

今年度で7年目となるまいづる市民環境会議と舞鶴市役所生活環境課の皆様による環境講座が、

1学期、6月18日(火)3.4限 3年1組2組 選択地理A受講者を対象に行われました。

森脇浩氏、小川裕汰氏(日星高校卒業生)お二人を講師に「気候変動」「地域の環境の取組み」「SDGs」等のお話を伺いました。
卒業生からの進路についてとても貴重なお話もうかがうことができました。
毎年、限られた時間の中で、これまでの暮らしの中であるいは小中学校で見聞きした環境について、「ゴミを拾うこと」「電気を節約すること」そのことが何のために?と考えることが出来るのは貴重です。7種9分別が守られていないと取り残されるというごみ処理も意識する舞鶴市民ですが、正しく徹底してごみの分別することは大切、でもそれは手段であって、手段が目的化しているだけでは…その向こう側まで考えることもできたかな?と集中して耳を傾ける姿が頼もしい3年生でした。

「地域とつながる」「人とつながる」活動のきっかけとなる環境講座に関連して、地歴公民科による「SDGs(その前のMDGs)」、主権者教育、アクティブラーニング型ではないアクティブラーニングについてなど昨年末のブログにも紹介しています。ご覧ください。

https://nisseihs.wordpress.com/2018/12/30/

 

 

 

舞鶴環境フェスタに竹林君発表

コメントを残す

14日、赤れんが5号棟で行われた環境フェスタは約2500人の来客があり、環境と向き合う貴重なひと時になりました。昨年もボランティア部のみなさんにお手伝いしていただき、今年も竹林君1人ではありますが、たいへん助かりました。10年ほど毎年、秋の環境イベントでは京都府温暖化防止推進員として参加しておりますが、初めて特進コースの生徒と一緒に参加出来て、たいへん嬉しかったです。
これからも「地域とつながる」「人とつながる」日星環境地域研究会、細く永く自主勉強会を続けます。(瀬野寛子先生より)

全国藩校サミット

コメントを残す

舞鶴ゆかりの明倫館は江戸時代末期の藩校でした。全国の当主や藩校が集まり交流するサミット

徳川第18代当主 田辺藩牧野家第16代当主

徳川恒孝氏と  牧野行成氏と

新聞は10月12日市民新聞より

高校生による地域CM動画が完成しました

コメントを残す

京都府の中間広域振興局のプロジェクトである高校生ミライカレッジに参加した生徒作成による地域CMが完成しました。本校から看護科2年生の川村さんと瀬戸さんが参加活躍してくれました。

高校生ミライカレッジは、中丹地域の高校生が地域の企業や大学と連携して地域CMを制作することで、ふるさとの魅力や良さに気づくとともに、情報発信する事業です。
http://www.pref.kyoto.jp/chutan/news/h29miraicollege.html

引揚語り部の記事

コメントを残す

京都新聞2月9日号

舞鶴市PR動画作成に本校生も参加

コメントを残す

京都新聞11月20日記事

Older Entries