タブレットの活用実践 

コメントを残す

MetaMoJi ClassRoomを使って、タブレットの特性を
最大限に生かした授業をおこなっている学校の最新事例を
ご紹介します。【MetaMoJi教育ニュース 3月号】
■━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【活用レポート紹介】日星高等学校
タブレット活用で「対話的な学びの時間」を創出
https://ict-enews.net/2019/02/metamoji-8/
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日星高等学校では、MetaMoJi ClassRoomで授業で使うノートを
教師が作成し生徒に配信し活用することで、生徒が板書をする
時間が大幅に少なくなりました。
その創出された時間を使って、グループワークを行い、テーマに
沿って調べたことをMetaMoJi ClassRoomを使って
1枚のポスターにまとめ、深い学びへとつなげています。

▼ICT教育ニュース:日星高等学校
https://ict-enews.net/2019/02/metamoji-8/

ネットトラブルにご用心

コメントを残す

福知山市南陵中学校の校舎の垂れ幕

プログラミングで教育ドローン「AirBlock」を飛ばしてみました(3年選択情報)

コメントを残す

プログラミングが学習できるドローンAirBlockを3年選択情報の授業で使ってみました。
今回は実際に二人一組のグループでプログラムを組んでドローンを飛ばしてみることにしました。

前々回までMoonBlockというゲーム作りをやっていましたが、そのゲーム作りのように、命令ブロックをドローンの動きを考えながらはめていくもので、最初はプログラムの流れや命令の意味などを先生が作った見本を真似ながら説明を受けてから、実際に3つの課題で飛ばしてみました。

課題の飛行プログラムをだいたいの勘でやってみるグループや、上昇距離やスピードなどを計算しながら考えるグループなど、二人で相談しながらプログラムを組み、失敗を繰り返しながら、課題にそって飛ばすことができ、目的通りに飛ばすことができた時には歓声が上がるほどで、プログラミングの楽しさとドローンの楽しさを実感しているようでした。(下記はドローンをプログラミングで飛ばした様子の動画です)

https://drive.google.com/file/d/1Hf9wqgUjLZQ1smh3oYhyJYCSkx3yHofL/view?usp=sharing

教育ドローン「AirBlock」を3年生選択情報の授業で活用!

コメントを残す

現在総合コース3年生の選択情報の授業ではMoonBlockと呼ばれる子ども向きプログラミング言語を使うってプログラミングでゲーム作りをやっております。その延長として、今回はプログラミングが学べる教育用知育ドローンの「AirBlock」をみんなで飛ばしてみました。

実際にプログラミングをしながら、本格的にドローンを飛ばすのは次回として、今回は、ドローンの操作に慣れてもらうために、タブレットPCに操作用アプリをいれて、離陸着陸、上昇下降、旋回、宙返りを練習してみました。

最初は上昇するだけでも一苦労で、ちょっとバランスをくずすと思ってもいない方向に急上昇したり、急降下したりと大変でしたが、ちょっと練習すると、空中で飛行しながら停止するホバリングもできるようになり、的に向かっていって、折り返して戻ってきたりなど、結構自由に飛ばすことができ、みんなとても楽しかったとの感想を口々に言っており、次回のプログラミングでのドローン飛行も期待できそうな感じでした。

今日は、研究日

コメントを残す

4時間目にICT教育の公開授業、5時間目は協同学習の研究授業です。

プログラミングロボ「コード・A・ピラー」を3年生選択情報の授業で使いました

コメントを残す

3年生選択情報で「日本おもちゃ大賞2017 エデュケーショナル・トイ部門優秀賞受賞し、今、世界で話題のイモムシ型プログラミングロボット「コード・A・ピラー」で遊んでみました。

コード・A・ピラーは3歳の子どもでも遊べるようなおもちゃではありますが、パーツの組み合わせだけで、プログラミングの基本となる論理的に考える力や予想通りに進まなかったときの原因と結果から問題を解決する力など様々な力を育むことができるものです。

みんなでクジを引いて、そこに書かれたルートで進ませるというゲームを行いました。

2グループに分かれてグループで相談しながら、どれくらい進むのか、どれくらい曲がるのか、途中で音楽をならすにはどうすればいいのか、スタート位置のちょっとした調整や向きなどをワイワイと気軽に楽しく行い、それが直感的にプログラミングを学んでいるということを実感しました。うまく進まなかったり、すごくうまく進んでみんなで拍手したりと、生徒達はとても楽しそうに遊んでいましたが、プログラミングの取り掛かりと、ちょっとした息抜きとしてはちょうど良い感じでした。

 

日星高校のICT(2)

コメントを残す

吉岡先生の化学の授業から

Older Entries