学習旅行3日目 夕刻よりディナークルージング

コメントを残す

那覇港を巡って2時間 素敵なディナータイム

船はほとんど揺れず ディナーにうっとり

民泊のベストショット発表と表彰

バンド演奏に中道君が飛び乗り。綾香君の島人の宝で大いに盛り上がり一体感を味わいました。

そしてなんと3月生まれの人へのハッピーバースデータイム

ホテルからの花付きジュースと銘々の名前入りケーキプレゼントのサプライズ🎁

学習旅行3日目 朝 離村式でした。

コメントを残す

一泊して家庭の温かさを味わって笑顔で帰ってきました。

学習旅行3日目午後 アメリカ村

コメントを残す

アメリカ軍の補助飛行場が返還された北谷町美浜にアメリカンビレッジが

ショッピングモールイオンやアメリカ風なレストランカフェなどで賑わっていました。

学習旅行2日目 古宇利島での民泊

コメントを残す

6日午後 今帰仁村古宇利島公民館での開村式 島人の宝の三線で歓迎いただきました。

各グループでベストショットを送ってもらいました。楽しさが伝わってきます。

読谷村での平和学習

コメントを残す

読谷村平和フィールドワーク

比嘉さんのお話を聴く。

米兵が上陸したことを聞いた沖縄の人たち

ガマに隠れ、また日本兵に追い出された人たち

極限に追い込まれた時

鬼畜米兵と教えられて信じ込んでいた人たちが

敵に捕らえられたり凌辱を受けるのならと

お互いに殺しあってしまったのです。

戦争とは人間が人間で無くなること

続き

晴天の中 沖縄学習旅行第一日

コメントを残す

今日は舞鶴も沖縄も晴れ。気持ちのいいお天気の中学習旅行が始まりました。

看護科はひめゆりの塔でお祈りと献花そして講話を聴いて同じ看護の道にあるものとして戦争の悲惨さと平和への思いをつよくしました。

自分と同じ年頃の学徒が戦火の中で、器具も薬もないガマの暗い穴の中で、傷病兵の手当てをし、多くの命が亡くなったこと。自分ごととしてお話に高校生はきちんと向かい合っていました。

普通科は平和祈念資料館を見学、平和の礎、青い海の悲しい歴史へ思いを馳せました。

太平洋戦争で唯一地上戦を戦った沖縄

死者200,656人、日本 188,136人 アメリカ12,520人

沖縄県出身者122,228人(一般人94,000人、軍人・軍属28,228人)

他府県出身兵 65,908人)

この人たちの名前が刻まれているのが平和の礎

戦争とは当たり前の日常が奪われること、大切な人との暮らしが奪われること。だからこそ、敵味方どちらであっても  命は宝。当たり前の日々に感謝しながら生きていくことが、平和への道なのではないでしょうか。東日本大震災で亡くなった方、困難の中で懸命に生きている人とつながるのこと。

普通科の生徒は平和祈念公園に行きました。

一家全滅で名前の分からない人も、アメリカの若者もこんな遠い所で…

続き

明日から2年生は学習旅行

コメントを残す

沖縄へでかけます!いいお天気でありますように

Older Entries Newer Entries