22日 忘れない311の集い

コメントをどうぞ

講師 武山ひかるさんの記事

記憶を風化させない

この活動で、武山ひかるさんは「家族や友達がいて、普通の日常があるということを大切にしてほしい」という思いを込めて話しています。

武山さん自身、震災で親戚や学校の友達を亡くし、もっとできることがあったのではないかと悔やみました。

ありがとうの気持を伝えること、ケンカをしたら「ごめんね」を言うこと、あいさつをすること。

話を聞いた人には、「こうしておけばよかった」と後悔をしてほしくないから、武山さんは「一日一日を大切に生きて」と伝えています。

震災からもうすぐ7年。時間とともに震災が忘れられていくのではないかと心配しています。

震災を知らない子どもたちや被災地以外の人たちに、当時のことを言葉だけで伝えるのはとても難しいと感じています。それでも武山さんはあきらめません。

「自分たちの言葉が聞いてくれる人に伝わって、何かあったときに『そういえばあのとき、あの子がこんなことを言っていたな』と思い出して役立ててくれたらうれしい」と

(毎日小学生新聞2018年3月8日号)

 

 

 

 

22日防災と命を考える講演会

コメントをどうぞ

日本全土で頻発する地震や水害で日本全国が被災地になりつつあります。東日本大震災から8 年目。被災地の教訓から学び、被災者の想い聴き、今、私たちにできることは何かを考えます。

講師 齋藤幸男先生(東北大学 特任教授)

宮城県立石巻西高校は、教室が避難所となり体育館が遺体安置所 となりました。当時教頭だった齋藤先生はその運営の最先頭に立ちその教訓を生かし、石巻西校長退職後も防災教育を「命 の教育」として広めるために全国を歩いておられます。

お話 武山ひかるさん(石巻市立桜坂高校3年)

東松島市大曲小学校にも津波がきました。当時4年生だった武山さん震災で親戚や友達を亡くし、もっとできることがあったのではないかと悔やみました。

「伝えることで助かる命がある」とTTT(Tunami Teenager Tourguide)の仲間と語り部活動を始めました。同世代の高校生にメッセージを伝えてくれます。

保護者の皆様もどうぞお越し下さい。

22日1320~1450 日星高校講堂

合格発表

コメントをどうぞ

本日、本校入試の合格発表です。

今年は、欠席者もなく580名全員が受験しています。

年末の友愛訪問が記事になりました。

コメントをどうぞ

ICT教育ニュースに日星高校が紹介されました。

コメントをどうぞ

ICT教育ニュースに日星高校が紹介されました。

https://ict-enews.net/2019/02/metamoji-8/

ICT推進の中核になっている吉岡先生の実践が全国版に掲載です。

2年生のキャリア学習

コメントをどうぞ

いろいろな専門学校や大学からの出張講座で進路を考えました。

使い捨て待ったなし

コメントをどうぞ

Older Entries