看護科4・5年生、講師を迎えて一日中、国試対策授業を受講

コメントをどうぞ

看護科5年生は実習も終え、いよいよ看護師国家試験(国試)本番(今年度は来年2月17日)に向け仕上げの学習へ。4年生は国試一年先を見据え、計画的な学習積み上げのために、例年この時期、専門家を講師としてお呼びし、国試に向けた緊迫した授業が展開されています。今年の講師は、大阪大学大学院医学系研究科附属ツインリサーチセンターから保健学博士の秋山 明子先生をお迎えしました。一日中受験講座にもかかわらず、特に5年生は真剣な面持ちで聴講していました。この講座では、国試の傾向と対策がきちんと分析され、試験に出る・出ないがはっきりと示されるために、学生にとっては大好評のようです。

DSC_0268DSC_0269

DSC_0270DSC_0271

授業が終わって、秋山先生からお褒めのお言葉をいただきました。

「この学校はとても素晴らしい!学生さんの紹介も立派だったし、聴く姿勢もすばらしかった。校舎もとてもきれい・・・」

お疲れさまでした秋山先生! そして学生の皆さん、先生や多くの皆さんの期待に応えようね・・・ご苦労様!

敷地内のもみじ、みごとに色づきました

コメントをどうぞ

校舎内がクリスマスの飾りで輝いています

コメントをどうぞ

特に講堂の窓を飾っているステンドグラス風美は西の光を受けて輝いています。

 

普通科2年生の就職希望生、就職講座に頑張っています

コメントをどうぞ

キャリア教育部が主催しして行われている2年生への就職講座。15名の生徒が希望して10月末から始まって今日で10回目の講座になりました。毎週2回、一般常識(国語・英語・数学・社会)や就職ガイダンスを行っています。昨今の就職事情を考えると、早くから意識づけを醸成するとともに、常識問題やマナーの育成も必要になっています。6時間の授業を終えての放課後、講義室に静かな闘志がみなぎっていました。この講座、来年2月21日まで続きます。

「ギャラリー 田中」 今日も届きました、宅配”いけばな” 

コメントをどうぞ

今日も、夕方の正面玄関で、静かに生け花をを生けている田中先生の後ろ姿がありました。本当にありがとうございす。今日は、これまで生けていただいたものをギャラリー風に並べてみました。

田中先生曰く「私の小さな取り組みですが、これを見て”自分もやってみたい”と思う生徒さんができたらいいですね」と、休部中の華道部の再開を望んでおられるようでした。

『税に関する高校生の作文』で表彰されました

コメントをどうぞ

舞鶴税務署が毎年実施している『税に関する高校生の作文』に応募していた、本校普通科1年生 高橋翔馬 君が表彰されました。これは1年生の現代社会の授業の一環として毎年応募しているもので、普通科の生徒が表彰されたのははじめてのことです。
高橋君のテーマは「人々が支え合う」。普段高校生が税を意識することはあまりありませんが、こういった機会を通して税金について考えて欲しいですね。

20121125-192306.jpg

 

 

「クリスマスの取り組みと募金のお願い」

コメントをどうぞ

22日からクリスマスへの取り組みがはじまりました。この日に合わせて、保護者の皆様にそのご案内と募金のお願いをしました。以下はその配布プリントです。

昨年から始めたクリスマスと東北支援の取り組み、今年は特に昨日ブログにアップした閖上わかば幼稚園への支援を考えています。12月14日15日に生徒会と宗教部の3名、教員3名が東北にでかけ、直接届けます。

これはまさに私たちが大切にしている、病んでいる人たちへ寄り添い「人と共に生き、人のために役立つ、心豊かな人に」の実践です。ご賛同いただけましたら、どうぞご協力くださいますように・・・(祈り)

問い合わせ 連絡先;日星高校0773-75-0452  宗教部;青葉謙一

*********

2012年11月22日

目星高等学校 保護者の皆様

校長 水嶋純作

宗教部・生徒会

クリスマスの取り組みと募金のお願い

主の平和

教会の暦では12月2日から「待降節」をむかえ、キリストの降誕を祝うクリスマスを迎える準備の期間に入ります。本校では毎年クリスマスにちなんだ飾りや、カードを作ってきました。また、募金を集め昨年は、被災地支援のために「カトリック仙台教区サポートセンター」へ届けてきました。

今年も東日本大震災を受け、昨年に引き続き、テーマを「愛と祈り」とし、人の痛みが分かり、その痛みを分かち合うクリスマス期間にしたいと思います。取り組みの-つは、鶴を折り万羽鶴を作ります。震災でなくなった方への慰霊と、被災地で頑張っている子どもたちへの激励の意味を込めて作ります。

又、募金活動にも取り組みます。震災から1年8ケ月がたった今、現地ではボランティアの撤退や関心が薄れていく現状がありますが、支援はまだまだこれからも必要と聞いています。

そこで改めて募金をし、今年も生徒会の代表生徒及び宗教委員と教員で仙台に行き(12月14日~15日)、「カリタスジャパン(石巻ベース)」「閑上わかば幼稚園」に直接届けようと考えています。保護者の皆様も今まで様々な場所で支援をされていると思いますが、今回の活動に対してもご協力をお願い致します。

尚、今回、募金袋を用意しましたので、お子様を通じて担任へお渡し下さい。

祈りのうちに

1. 受付期間 ; 11月26日(月)~28日(水)

2. 目標金額 ; 500,000円(全校生353人)

3. 募金の用途; 「カリタスジャパン」「閑上わかば幼稚園」への募金

4. 持参者  ; 生徒会本部役員2名、宗教委員1名、教員2名

*「カリタスジャパン」はカトリック仙台サポートセンターと連携し、ボランティアなど復興支援をとりまとめています。

                                           以上

Older Entries