被災地とつながる。中学校とつながる。

コメントをどうぞ

青葉中学校の先生より電話がありました。
舞鶴市の生徒会の交流会を担当しているのですが、やはり被災地とつながった取組をしたいとのこと。
今年の取組をするにあたって、日星の生徒会の「被災地ボランティア」のブログを見られて行った生徒達の話を聞く機会をもちたいとのお話でした。

昨年は、青葉中学校が名取市閖上の折り鶴プロジェクトへの参加をし、7月に先生3名が閖上中・小が間借りしている不二ガ丘小学校を訪問されています。その取組は舞鶴市の7つの中学校と支援学校の取組となり、舞鶴市教育委員会を通じて名取市教育委員会そして名取市の中学校に折り鶴がとどけられました。
(「舞中8~絆プロジェクト」で検索 舞鶴市教育委員会がアップしています)
日星のクリスマスの「祈りの折り鶴」の取組もそうした青葉中の取組に触発されたものでした。

3,11がどんどん風化していく中で、こだわり続ける生徒がいて、そこに学びをと思う教師がいる。
日々の忙しさや次々とやってくる課題にともすればあきらめたり「ま、いいか」となってしまいます。
けれど私たちの教育という仕事は、子供達と向き合い、子供たちの目と心を世界を、未来に向けるすてきな仕事なんだなって青葉中の先生からの電話であらためて感じることができました。

私たちの取組も「3.11を忘れない」「被災地とつながろう」「私たちの幸せの意味を考えていこう」という思いが込められています。もちろんそれはカトリック校として、建学の精神「小さきものとあれ」の実践でもあります。
そうした「私たちの思い」が、学校支援のステラソルの協力を得て、「地球のステージ」ともつながり、また市内の中学校と、しかも生徒同士がつながっていく。すてきなムーブメントです。
学校が、これからの世界を担う子供達に豊かな学びを提供できる場でありたいと思います。

職員のためのコミュニケーション研修会を行いました

コメントをどうぞ

今年度の職員夏期研修会を、南山大学から星野欣生 氏を迎えて行いました。研修テーマは「教育の原点にあるファシリテーション」。最近、教員は”ファシリテーター”として捉えられてきている。ファシリテーターとは、参加者が体験から学習することを「促進し、援助する人」のことを意味しているといいます。それは、参加者に何かを教える教育から、参加者自身が発見し学びとっていく場を作る教育への転換をも意味しています・・・。子供たち自身の能力を自分たちで見出していけるように、援助することでしょうか。
そんな思いのもとで、今日は「観察する」ためのスキルを、実際のワークを通して学びました。今回の研修には、余内小学校の先生方10名と舞鶴支援学校の先生も参加されました。普段中々できない先生方との良い交流もできました。

20120730-222733.jpg

20120730-222749.jpg

20120730-223808.jpg

20120730-223820.jpg

オープンスクールに200名を超す中学生と80名の保護者が来校

コメントをどうぞ

日曜日の校舎内に、中学生の若々しい声が響き渡りました。今年度第一回目ののオープンスクールが開催されました。普通コース110名,進学コース27名,看護科69名の中学生が参加しました。

20120729-213404.jpg

20120729-214028.jpg
普通コース希望者は、コミュニケーションの授業を体験した後、クラブ見学をしました。進学コース希望者は、スーパーティーチャーによる国語・英語・数学の授業体験。看護科では、クラブ見学の後、5年生の幼稚園実習時の演劇鑑賞、そして「バイタルサインって何」「沐浴の方法を学ぼう」の授業を体験しました。

20120729-214523.jpg

20120729-214541.jpg

20120729-214559.jpg

20120729-214613.jpg
今日参加してくれた中学生が、良い進路選択ができますようお祈りしています。

明日は、第一回オープンスクールが行われます

コメントをどうぞ

梅雨が明けて猛暑の日々が続いています。専攻科棟の西側に、西日を和らげようとゴウヤの緑のカーテンを植えていますが、余りの暑さでその緑も少しバテ気味・・・

20120728-172837.jpg

明日は今年度第一回目のオープンスクールが行われます。現在までの申し込み者数が、中学生が209名になっています。保護者の参加も80名と、これまでにないほどの参加者が見込まれています。来校する中学生にとって、良い体験ができるように私たちも頑張ります。暑い中ではありますがよろしくお願いいたします。

進学コース、夏期課外授業に頑張っています

コメントをどうぞ

7月9日(月)から始まった課外授業。普通コースは前期と後期それぞれ4日間ずつ、進学コースは合計21日間あります。今日も進学コースの生徒たち、7時間の授業をこなしました。明日明後日はつかの間の週末、前期は8月3日まで、頑張ってやりましょう!

20120727-172326.jpg

20120727-172905.jpg

復興支援ボランティア報告会 3

コメントをどうぞ

復興支援ボランティア報告会 で三人目の報告者は、看護科二年生の河津さんです。

「私たちは、岩手県の大船渡へボランティアに行ってきました。どんな作業なのか、行ってみないとわからない状態でしたが、どんな作業でも自分たちにできることは一生懸命やろうという思いでした。

私たちが行う作業は、Mさんの家の掃除でした。Mさんの家までは津波は届きませんでしたが、地震で被災しました。倒れたものなどを一人で片付けるのは、精神的にもしんどいため、私たちがボランティアに行くことになりました。

最初に、部屋に詰め込んだような山積みの荷物を一つひとつ拭いたり埃を払ったりしました。そして、衣類は衣類、小物は小物として、三部屋に散らばっていた荷物を一部屋にまとめました。
次に、新聞紙に包んだお皿やお椀などの食器類を一つひとつ取り出し、洗ったり拭いたりしました。 M家は、冠婚葬祭のすべてを自宅でしていた事と、被災した近所の家の物をあずかっていたので、食器の数は大量にありました。私たちの前に、外国人のボランティアが入っていたらしいのですが、食器の種類がよく分からなかったのかバラバラで、まとめ直すのがとても大変でした。

家の片づけと並行して、外では家三軒分の敷地の草刈りをしました。途中で雨が降りだし,翌日までかかってしまいました。草刈りの最中、骨が見つかりました。その骨が人骨か動物の骨なのかは、調べないとわかりませんが、震災から一年四ヶ月たっている今も見つかっていない人がいるのは事実です。

すべての作業が終わった時、Mさんは『前のボランティアに来てくれた人はここまでしてくれた、何で今回のボランティアはここまでなの・・・』というようなことを言われましたが、早く片付けたい、時間がないという意味のことを何度も口にされて、あせる気持ちがわかる気がしました。 作業が終わると、『ありがとう』と表情が柔ぎ、気持ちに余裕ができたようで私たちもうれしくなりました。

十数人で2日間のボランティアを行い、Mさんが『一人では何年かかるか・・・』と言っておられた作業が終わり、大勢の力ってすごいと改めて思いました。
またこのような機会があれば、ぜひ行かなければと思っています。

20120726-212914.jpg

20120726-213028.jpg

20120726-213050.jpg

猛暑の中、快調に東校舎改築工事が進行中

コメントをどうぞ

進学コースの段階的なリニューアルに伴い、この夏休み、東校舎の改築工事を行っています。梅雨が明け、猛暑が押し寄せている中、コンクリートを砕き割る爆音が敷地内に響き渡っています。工事の作業員の皆さん、本当にご苦労様です。

20120725-150212.jpg

20120725-150228.jpg

Older Entries