22日はオープンスクール 日程2

コメントをどうぞ

22日はオープンスクール 今日星が面白い

コメントをどうぞ

22日はオープンスクール 日程

コメントをどうぞ

22日はオープンスクール 自分の未来にアタック

コメントをどうぞ

平和の鐘をならそう

コメントをどうぞ

72年目の終戦記念日 引揚記念館では、正午の黙祷に続き、ユネスコ協会の皆様と「平和の鐘」をならしました。

戦後72年 堺の高校生の記事

コメントをどうぞ

【戦後72年】堺の空襲の記憶継ぐ 地元高校生が証言をビデオに

【戦後72年】堺の空襲の記憶継ぐ 地元高校生が証言をビデオに

堺大空襲について話す花澤廣子さん=堺市北区

(産経新聞)

 第二次大戦末期の昭和20年、5回にわたって堺市内を襲った空襲の記録を残そうと、同市堺区の高校生らが、当時を生き抜いた被災者らの証言をビデオ録画する活動に取り組んでいる。15日で戦後72年となるのを前に、戦争体験者が減り続ける中、生徒らは「つらい話もあるが、生の声を聞ける最後のチャンス。きちんと記録に残し、後世に伝えていきたい」と意気込んでいる。(猿渡友希)

「あの悲惨な情景は忘れられない」

今月上旬、同市北区に住む花澤廣子さん(95)が当時の地図を前に、堺大空襲について語り始めると、カメラを構えた府立三国丘高校定時制課程2年で放送研究会2年の長谷(ながたに)樹亨(たつあき)さん(18)が聞き入った。

花澤さんは24歳だった昭和20年当時、同市新在家町(現・堺区新在家町西)で家族とともに暮らしていた。町中には戦意高揚の歌があふれ、はちまきをして護身術の訓練を繰り返す日々を送っていたという。

7月10日、突如として数機のB29が上空に現れた。「数え切れないほどの焼夷(しょうい)弾が落ち、一面は火の海になった。無我夢中で火の手から逃げた」と花澤さん。「翌朝、町中には死体が累々と積み重なっていた」と語り、「すごい時代だったが、そんな中を生きて抜けて幸せだった」と締めくくった。

長谷さんが所属する放送研究会は、高校生らが堺の歴史を研究・発表する「日本と世界が出会うまち・堺」プロジェクト(堺市など主催)に参加するため、今年6月から週1回のペースで、勉強会を実施。戦時中の堺市について学んできた。古くからある寺などを訪れて当時を知る人を探し出し、花澤さん以外にも戦争体験者2人から話を聞いた。

そのうちの一人、同市堺区の浄得寺の前住職、松井一覚(いっかく)さん(85)は堺大空襲の際、焼夷弾が落ちてくる「サー」という雨のような音に気づいて家族に伝え、危うく難を逃れた。あっという間に辺り一面が火の海に。無我夢中で逃げるあまり家族ともはぐれたが、翌朝戻った寺で無事再会を果たしたという。

長谷さんらは今後もさらにこうした証言を拾い集め、11月のプロジェクトで発表する予定だ。放送研究会顧問の川端祥次教諭(53)は「生の声を聞ける最後のチャンス。戦争の記憶を何とか形に残したい」。長谷さんは「自分たちの住む街なのに知らない事実ばかり。その時代を生きた人から直接話を聞く重要性を学んだ。今後も戦争について勉強を続けていきたい」と話している。

戦後72年 若者から

コメントをどうぞ

[戦後72年 学び、伝える 下] 世界へ「平和」訴える 広島大学3年生 神徳菜奈美さん(22)

留学生のために案内のリハーサルをする神徳さん(左から2人目)とサークルのメンバー(広島県東広島市で)

唯一の被爆国 風化させない

広島大学3年生の神徳菜奈美さん(22)は、留学生に英語で原爆について説明するサークル活動を続けています。

1945年8月6日に広島市に投下された原爆で死亡したのは、その年だけで約14万人。全身にやけどを負い、建物の下敷きになり、あるいは白血病で、命が次々奪われました。

「この事実を風化させるわけにはいきません。日本は唯一の被爆国として、世界に向けて平和を訴え続ける使命があります」と決意を固めます。

証言など翻訳 留学生に解説

メンバーは8人。主な活動は毎年8月6日、広島市の広島平和記念公園内の慰霊碑・石碑の案内です。例えば「原爆の子の像」の前では、2歳で被爆し10年後に白血病で亡くなった少女・佐々木禎子さんについて語り、小学校の同級生の募金活動で像が作られたこと、その像が世界平和を呼び掛けている意味などを説明します。

解説するために被爆者から話を聞き取り、史実を勉強。証言や記録を英語に翻訳して、資料を作ります。

今年は米国、ドイツなどからの留学生約40人が参加し、公園内の石碑などを5カ所巡りました。「同年代の若者が原爆について懸命に調べている姿に、関心が高まりました」「被爆者の話をじかに聞きたいと思いました」「勉強になりました」などの声に手応えを感じるそうです。

同世代の言葉共感呼ぶはず

茨城県出身の神徳さんは大学進学をきっかけに、「せっかく広島県に来たのだから、原爆について学ぼう」とサークルに入りました。「川は死体で埋め尽くされ、死体を山積みにして火葬したんよ」という被爆者の話を聞いて、しばらく声が出なくなるほどの衝撃を受けました。

過去の自分がそうだったように、戦争に関心が薄い若者が多いと感じています。そういう人たちの心を動かそうと、戦争や原爆について理解を深めるように努めてきました。

資料館へ通うだけでなく、一人でも多くの被爆者に会うことを心掛けます。高齢で亡くなっていく被爆者が増え、間もなく体験が聞けなくなる、という焦りにも突き動かされます。今のうちに少しの聞きもらしもないように話を吸収し、その体験について、自らが感じた恐ろしさ、悲しみ、怒りも含めて伝えていこうと考えます。

「平和が大切だ、というのは子どもでも分かります。それをどこまで深く考え、実際に平和を守る行動に移せるのかが、私たち若い世代に問われています。同世代の言葉だからこそ、共感してくれることもあるはずです」

国連で7月に採択された核兵器禁止条約で、日本は不参加を表明しました。これに対し神徳さんは「とても悲しいです。日本はどんな理由があろうと、核なき世界を訴えるべきです。政府はこの国民の声を拾い上げ、世界の核兵器廃絶を進めてほしいです」と強調します。

サークルを立ち上げた佐々木須美子さん(65)は「若者が原爆について学び留学生に伝える活動をすることで、世界に“平和の種”をまくことができます」と話します。

考え、思いの共有を 広島大学平和科学研究センター長 川野徳幸さん

広島大学平和科学研究センターの川野徳幸センター長は「若い世代には、過去に起きた事実を客観的に捉え、未来に向けて色あせないように伝えてほしい」と指摘。単に、聞いたことをそのままつなぐリレーではなく、受け継いだ事柄について考え、思いを共有するべきだと訴えます。

その上で、「同世代へ、そして次代へとつなぐため、若い力で貪欲に学んでほしい」と期待します。

(日本農業新聞web版8月10日より)

Older Entries