放送部動画班、ミルフィーユを作りました

コメントを残す

フランスの皇帝ナポレオンがすきだったと噂されたこともあるミルフィーユ、ナポレオンは聖書ととても関わりがあり、偉人の言葉としても残っているほどです。ナポレオンの帽子に似ているということから、ミルフィーユがナポレオンパイと呼ばれることもあります。フランス文化を調べているうちにミルフィーユに結びつきが出てきましたので、今回はミルフィーユを作りました。

ミルフィーユはフランスでは「千枚の葉」という意味をもち、生地を重ねて作るものでしたが、今回はパイシートを使い簡単レシピで、焼いたパイシートにホイップクリームやフルーツを挟んだり重ねたりするだけのもので、失敗することの無いものだったので、フルーツやホイップ、チョコなどを色々のせて楽しく沢山作ることができました。

ミルフィーユは重ねて作るお菓子ということで、人生にたとえて送別会や新たな門出としてのお祝いとして贈られることもあるようです。4月からの新しいスタートに向けて作ってみるのは如何でしょうか?

(放送部では祈り班・動画班含めスタッフを募集しています。興味のある方は放送部員または放送部顧問までお問い合わせください)

3.11 お勧めの本

コメントを残す

2019年3月4日出版の新刊紹介!

  • 必ずくる震災で日本を終わらせないために。+次の震災について本当のことを話してみよう。東日本大震災100の教訓 地震・津波編 (震災復興・原発震災提言シリーズ)

    東日本大震災100の教訓 地震・津波編 (震災復興・原発震災提言シリーズ)  

★ ★ ★ ベストセラーの前作『次の震災について本当のことを話してみよう。』
が投げかけたすべての問題の徹底・本格解決編! ★ ★ ★

日本に1410兆円の損害をもたらす南海トラフ地震。
首都直下地震の損害推計も778兆円
必ず来る次の震災は「日本を終わりにする」かもしれない。
命、社会、国を守るために! インフラ総破綻のボトルネックはここだ! !

南海トラフ地震の想定震源域で異常が観測された場合の対応を論議した中央防災会議の作業部会。その主査として、報告書のとりまとめを担った著者渾身の一冊!

地震は予知できないことがはっきりする一方、次の震災がとてつもないものだということが分かってきた。

異常観測。そのギリギリの局面にどうすべきか。
「命を守ろうとしすぎると社会が動かない」
「社会を動かそうとすれば、命は守れない」
ジレンマの中の「答え」は?

ホンネ、ホンキで話して分かった、石油、水、電力、通信のこれだけの問題点。
長期間続く、社会インフラの機能停止。
安全保障としての防災、減災!

ふんだんに盛り込んだ具体的な社会防衛策と命を守る方法。
最悪の災害でも、今からちゃんと身構えれば乗り越えられる!
「災い転じて福となす」。最強の減災・防災大全! !

続き

防災座談会の様子を聴くことが出来ます。

コメントを残す

FMまいづる 東日本大震災8年目の放送

齋藤先生・武山さんそして本校生徒会のみなさんも参加した防災座談会がポッドキャストでいつでもきくことが出来ます。

http://775maizuru.jp/topics/topics-10957/

3.11に

コメントを残す

舞鶴市民新聞3月12日号に掲載されました。

あれから8年

コメントを残す

忘れてはならない。3月11日。これを一つのメモリアルにするだけではなく日常を振り返り、生き方や在り方を検証できる日に

4日目は、自由散策 

コメントを残す

首里城散策、国際通りのショッピング そのあとゆいレールで空港へ

保護者のご理解とご支援とたくさんの方々の支えで無事にこの学習旅行が終えられたことに感謝いたします。

学習旅行3日目 午前中はアクティビティ

コメントを残す

3月6日 心配していたお天気も回復し晴天。青の洞窟は波が高くていけませんでしたがシュノーケリングで楽しみました。別の班は美ら海水族館へ

Older Entries