伊調千春さん、馨さん 来校!!!!

コメントをどうぞ

本日、講堂のレスリング練習場にメダリストの伊調千春さん、馨さんが来校されました!!!!

本校1年生新山くんと舞鶴市のちびっ子レスリングのこどもたちに、メッセージをくださいました!!!

大変光栄な訪問に子供たちは大喜びでした!

これからも、「目標を持って」「自分なりに考えて、工夫して」、こどもたちには頑張って欲しいです!!

file_000dsc_0659

写真は、練習後待ちかまえていた野球部とお二人の訪問を訪ねてきた生徒&教員でした!

地理B;「地域の産業を考える講座」、市内の生産者を招いて直接お話を伺いました

コメントをどうぞ

特進コース2年生、瀬野先生担当の選択地理Bの授業。

舞鶴市内の二人の生産者を招いて、「地域の産業を考える講座」が企画されました。

講師は、霜尾農園の山下正隆氏と京都府漁業協同組合の川崎弥一郎氏のお二人。

講座の目標は、「舞鶴の産業を通して地域の環境に向き合い、日本の産業を考える」とするもの。

 

img_1864 img_1865

事前に提出された生徒からの質問に答えるという形式で授業が進められました。

質問は実に様々出されました。

「ご自身は何を生産していますか」「舞鶴の農業が抱える課題は何」「生産物でおすすめは?」「ハイテクな技術は?」「一次産業では収入が安定しないのでは?経済的な特徴は?不安は?」・・・

一つひとつ丁寧に答えていただきました。

・収入を安定させるためにいろいろな品種の作物を時期に応じて生産している(リスク分散)

・海産物は海の環境に影響されやすい。特に台風がこわい。

・ハイテク(マッスルスーツやドローンななど)も利用され始めている。しかしコストが高い。

・日本の農薬は使用基準が細かく規定されている。それにきちんと従っているので安全です。

・温室栽培について

・・・・

img_1860img_1861

【生徒たちの感想】

◇ 農業というと、個人個人で行われているものなんだと思っていたので驚きました。いろいろと工夫されていて収入を安定させているということを初めて知りました。植物に興味があるので、農家で働くのもいいなあと思いました。

◇ 貝殻についている線の本数で手入れの回数が分かるのは初めて知りました。漁師の方がどれだけ手間をかけて育てているのかを想像しながらこれから食べてみたいです。

◇普段詳しい話を聞く機会がないので、今回は有意義でした。せっかく海の近くに住んでいるのだから、新鮮でおいしい海産物を食べたいと思いました。

◇教科書では学べない農業の一面を知ることができました。私が知らないだけでたくさんの苦労があるのだと改めて実感しました。これから先、日本のブランド力を生かした農業がさらに繁盛していって欲しいです。

◇最近の埠頭の埋め立てや火力発電所の影響で舞鶴湾の環境が変わってしまったと聞きました。私たちの生活が便利になる一方で、漁業には深刻な影響がでていて、魚を食べる日本人としては見逃せないことだと思いました。

***

生徒の感動にもありましたが、教科書では学べないまさに現場からの実体験を踏まえた素晴らしい授業だったと思います。

講師のお二人の先生には、本当にお世話になりました。ありがとうございました。

この講座を企画された瀬野先生にも心から感謝を申し上げます。ありがとうございました。

このような機会が今後もさらに増えることを期待しています。

 

特進コース1年生、自作カルタで和やかにカルタ大会が・・・

コメントをどうぞ

世界史の授業の一環として、自分たちで作ったカルタを使い、カルタ大会を行いました。

img_1851 img_1852

img_1856 img_1857

自作のカルタたち(なかなか良く出来ています・・・)

img_1853img_1854

読み札の一部も紹介します。

◇ 「1830(いや、身を)けずっても 母国を応援」 《七月革命中のショパン》

◇ 1918(いく?  いや!)シベリア出兵

◇ 「忘れない 2001年 9.11 のテロを」

◇ 全員(前)さぁ(3)さぁ(3)しゅ(4)っぱつ  東方遠征 《By アレクサンドロス》

・・・

***

期末考査も終わってホット一息・・・

和やかに、穏やかに、しなやかに・・・教室内には笑い声が響き渡りました。

今年度は二週に渡って環境講座の出前授業が行われました

コメントをどうぞ

社会科瀬野先生の地理Bの授業、今年は二度に渡って環境講座の出前授業が行われました。先週は総合コース3年生が、今週は特進コース3年生が受講しました。

講師は、舞鶴市生活環境課の有田さん、宮田さん(本校卒業生)と、環境市民会議のIPCCコーディネーター森田さん、森下さん。

企画した瀬野先生によると、

「毎年、日々の暮らしの環境を考える契機になるよう、年1回でもじっくり環境と向き合い考える時間をつくりたい・・・」

「地域とのつながりを意識する、世界の向こうに故郷を見るなど、地理の学習で大切にしていることを再認識してほしい・・・」

との思いからこの出前授業を行っているとのことです。

img_1845img_1842

温暖化については様々な学説があること、事前学習で見たDVD『不都合な真実』も、国によって評価が分かれることが紹介されました。また、この作品でノーベル平和賞を受賞したアルバート・ゴア米副大統領のことなど、いろんな学びの中で、視野を広げ、生徒らも感じたことが多かったようです。

【生徒の感想】

◇自分の将来なりたいものと直結していたので、改めて将来の夢やこれからの生き方などを深く考えることができました。

◇地球温暖化は、ずっと前から深刻な問題だと知りました。最近の自然災害は異常なのでもっとたくさんの人がこの現実を知り、問題改善に向けて勉強しなくてはならないと思いました。

◇私たちが思っている以上に環境問題やその被害は深刻でした。この授業を受けて、地球温暖化の深刻さは分かったが、私たちは何をすべきなのか、何ができるのかが分からない。

img_1840img_1844

特進コースでは、各講師の方々からまもなく卒業する3年生へいろいろなお話をしていただきました。

・現在通信制大学で学ぶ先輩としての話

・パイロットをなさっていた経験や震災からの教訓

・卒業生の宮田さんからは、これからの勉強「一生勉強が続く」、担当する犬の登録の話など・・・

盛りだくさんでした。

***

日頃校内では中々できない、内容の充実した出前授業が展開されました。

講師の皆様方、ありがとうございました。

そして、瀬野先生 大変お世話になりました。

 

 

 

 

 

 

今年のクリスマスは、「…みんなで…心温まるクリスマスに」

コメントをどうぞ

今年のクリスマスは

「心を空っぽにして、みんなで『主の御降誕』をお祝いする 心温まるクリスマスに」

をキャッチフレーズに生徒も職員もみんなで役割分担し、心温まるクリスマスに向けて頑張っています。

今日の午後は、クラスごとやパートごとに分かれて様々な活動(クリスマスカード作り、リース作り、折つる・・・)の作業をしました。

img_1828 img_1829

img_1830 img_1831

img_1832 img_1833

img_1834 img_1835 img_1836

クリスマスが楽しみですね・・・

校内がクリスマスの雰囲気に・・・

コメントをどうぞ

もうすぐ12月、街中にもクリスマスの飾りが見られる頃になりました。

校内にもクリスマスの飾りがその時を思って輝き始めました。

img_1837 img_1838

素敵なハーモニーが

コメントをどうぞ

舞鶴中高生合同合唱団Hermony for Maizuru のメンバーが、本校音楽室に集まり

本校の中野紗織先生と城南中の奥村美也子先生の指導で練習会をもっています。

23日の午後も楽しそうなハーモニーが聞こえていました。

dsc00961

12月17日(土)14時から開催の カトリック西舞鶴教会主催のクリスマスミニコンサートに出演します。

また、1月22日(日)に開催の映画「うたごころ」上映会に、出演します。

 

 

Older Entries